__memory_changed コンパイラ組み込み関数

このコンパイラ組み込み関数を使用すると、現在の関数の外側で可視のすべての変数(関数との間で受け渡しが行われるポインタを持つ変数などは、変更された場合はメモリに書き込まれ、その後、メモリから読み出されます。

このコンパイラ組み込み関数は、スケジューリングのバリアとしても機能します。

Show/hide構文

void __memory_changed(void)

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711