__usada8 コンパイラ組み込み関数

このコンパイラ組み込み関数を使用して、コンパイラによって生成される命令ストリームに USADA8 命令を挿入します。4 つの符号なし 8 ビット減算を実行して、それぞれの差の絶対値を 32 ビット累算オペランドに加算することができます。

unsigned int __usada8(unsigned int val1, unsigned int val2, unsigned int val3)

各項目には以下の意味があります。

val1

減算の第 1 オペランドとなる 4 つの 8 ビット値を保持します。

val2

減算の第 2 オペランドとなる 4 つの 8 ビット値を保持します。

val3

累算値を保持します。

__usada8 コンパイラ組み込み関数は、以下のバイトの絶対差の合計を累算値に加算して返します。

例:

unsigned int subtract_add_diff_accumulate(unsigned int val1, unsigned int val2, unsigned int val3)
{
  unsigned int res;

    res = __usada8(val1,val2,val3); /* absdiff1 = val1[7:0] - val2[7:0]
                                       absdiff2 = val1[15:8] - val2[15:8]
                                       absdiff3 = val1[23:16] - val2[23:16]
                                       absdiff4 = val1[31:24] - val2[31:24]
                                       sum = absdiff1 + absdiff2 + absdiff3
                                        + absdiff4
                                       res[31:0] = sum[31:0] + val3[31:0]
                              */
    return res;
}

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711