__attribute__((weakref("target"))) 関数属性

この関数属性は、(それ自身にはターゲットシンボルの関数定義を必要としない)エイリアスとして関数宣言をマークします。

Note

この関数属性は、ARM コンパイラでサポートされている GNU コンパイラの拡張機能です。

Show/hide構文

__attribute__((weakref("target")))

target にはターゲットシンボルを指定します。

Show/hide

以下の例では、foo() が、弱参照を通じて y() を呼び出します。

extern void y(void);
static void x(void) __attribute__((weakref("y")));
void foo (void)
{
  ...
  x();
  ...
}

Show/hide制約条件

この属性は、内部リンケージがある関数でのみ使用できます

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711