__smusd コンパイラ組み込み関数

このコンパイラ組み込み関数を使用して、コンパイラによって生成される命令ストリームに SMUSD 命令を挿入します。下位ハーフワードについてと上位ハーフワードについての 2 つの 16 ビット符号付き乗算を実行し、下位ハーフワードの積か上位ハーフワードの積を減算することによってその積の差を求めることができます。

unsigned int__smusd(unsigned int val1, unsigned int val2)

各項目には以下の意味があります。

val1

それぞれの乗算の第 1 オペランドとなるハーフワードを保持します。

val2

それぞれの乗算の第 2 オペランドとなるハーフワードを保持します。

__smusd コンパイラ組み込み関数は、2 つの 16 ビット符号付き乗算の積の差を返します。

例:

unsigned int dual_multiply_prods(unsigned int val1, unsigned int val2)
{
  unsigned int res;

    res = __smuad(val1,val2); /* p1 = val1[15:0] ラ val2[15:0]
                                 p2 = val1[31:16] ラ val2[31:16]
                                 res[31:0] = p1 - p2
                               */
    return res;
}

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711