可変個引数マクロ

C90 および C++ では、引数の数の変化を許可するマクロを宣言できます。

C90 および C++ で可変個引数マクロを宣言するための構文は、--gnu オプションを選択しない限り、C99 の可変個引数マクロの宣言に従います。--gnu オプションを選択した場合は、GNU の可変個引数マクロの構文に従います。

Show/hide

#define debug(format, ...) fprintf (stderr, format, __VA_ARGS__)
void variadic_macros(void)
{
    debug ("a test string is printed out along with %x %x %x\n", 12, 14, 20);
}

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711