#pragma GCC system_header

このプラグマは GNU モードで使用できます。現在のファイル内の後続の宣言が、システムヘッダファイルにあるものとしてマークされます。

このプラグマは、一部の診断メッセージの重大度に影響する場合があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491EJ
Non-ConfidentialID081711