--gnu_version=version

このオプションを使用すると、特定のバージョンの GCC と互換の動作が試みられます。

Show/hide構文

--gnu_version=version

version は、互換の動作を試みる GCC のバージョンを表す 10 進数です。

Note

現在、armcc v4.0 以降で --gnu_version に対してサポートされている最大値は 40400、つまり 4.4 です。 これより大きいバージョン番号を使用することはできますが、40400 と同じものとして取り扱われます。

Show/hideモード

このオプションは、GNU 互換性モードと共に使用します。

Show/hide使用法

このオプションは、上級ユーザを対象としたもので、 従来のコードを処理する目的で使用されます。 通常、このオプションを使用する必要はあません。

Show/hideデフォルト

ARM コンパイラ 4.1 以降のデフォルトは 40200 です。 これは、GCC バージョン 4.2.0 に対応します。

Show/hide

--gnu_version=30401 は、GCC 3.4.1 と可能な限り互換な動作をします。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491GJ
Non-ConfidentialID051612