--allow_fpreg_for_nonfpdata--no_allow_fpreg_for_nonfpdata

これらのオプションは、非 VFP および非 NEON データに対する VFP および NEON レジスタやデータ転送命令の使用を有効または無効にします。

Show/hide使用法

--allow_fpreg_for_nonfpdata は、非 VFP および非 NEON データに対し、コンパイラがデータ転送操作のための VFP および NEON レジスタや命令を使用できるようにします。 これは整数レジスタに対する需要が高い場合に役立ちます。 コンパイラが VFP または NEON レジスタを使用するには、デフォルトの FPU または指定された --fpu オプションがハードウェア VFP オプションになっているか、NEON ユニットが有効になっている必要があります。

--no_allow_fpreg_for_nonfpdata は、VFP および NEON レジスタが非 VFP および非 NEON データに対して使用されるのを防ぎます。 このオプションが指定されている場合、コンパイラ VFP および NEON データのみに対して VFP および NEON レジスタを使用します。 これは、コンパイラが VFP または NEON 命令を生成する場所をコード内制限する場合に役立ちます。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --no_allow_fpreg_for_nonfpdata です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491GJ
Non-ConfidentialID051612