--autoinline--no_autoinline

これらのオプションを使用すると、関数の自動インライン展開を有効または無効にできます。

妥当性があると判断すると、コンパイラは自動的に、より高い最適化レベルで関数をインライン展開します。 -Ospace オプションと -Otime オプションは、関数サイズなどの他の要素と共に、コンパイラが関数を自動的にインライン展開する方法に影響を及ぼします。

他のさまざまな要素と組み合わせて -Otime を選択すると、関数がインライン展開される可能性が高くなります。

通常、自動インライン展開が有効にされている場合、コンパイラはインライン展開することが適切であるすべての関数をインライン展開します。 自動インライン展開が無効にされている場合は、__inline でマークされた関数しかインライン展開の対象となりません。

Show/hide使用法

最高の最適化レベル(-O2 および -O3)における関数の自動インライン展開を制御するには、これらのオプションを使用します。

Show/hideデフォルト

最適化レベル -O0-O1 では、--no_autoinline がデフォルトです。

最適化レベル -O2-O3 では、--autoinline がデフォルトです。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491GJ
Non-ConfidentialID051612