--inline--no_inline

これらのオプションを使用すると、関数のインライン展開を有効または無効にできます。 関数のインライン展開を無効にすると、debug illusion を改善できます。

オプション --inline を使用すると、コンパイラは各関数をインライン展開します。 --inline を指定してコードをコンパイルしても、すべての関数がインライン展開されるわけではありません。 コンパイラが関数をインライン展開するかうかを判断する方法の詳細については、『コンパイラの使用』関数のインライン展開に関するコンパイラによる決定(6-32 ページ)を参照して下さい。

オプション --no_inline が選択されている場合、コンパイラは、__forceinline で修飾されている関数以外の関数についてはインライン展開しません。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --inline です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491GJ
Non-ConfidentialID051612