--show_cmdline

このオプションを指定すると、コマンドラインがコンパイラによってどのように処理されるかを表示できます。 これにより、以下の点を確認できます。

コマンドは正規化されて表示されます。また、via ファイルの内容は展開されます。

出力結果は標準出力ストリーム(stdout)に送られます。

Note

ARM Linux 変換オプションを指定してこのオプションを使用する場合は、-Warmcc を使用する必要があります。 例えば、armcc -Warmcc,--show_cmdline --translate_gcc ... のようになります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491GJ
Non-ConfidentialID051612