__attribute__((section("name"))) 関数属性

section 関数属性を使用すると、イメージの異なるセクションにコードを配置できます。

Note

この関数属性は、ARM コンパイラがサポートする GNU コンパイラの拡張機能です。

Show/hide

以下の例では、Function_Attributes_section_0 は、.text ではなく、RO セクション new_section に置かれます。

void Function_Attributes_section_0 (void) 
    __attribute__((section ("new_section")));
void Function_Attributes_section_0 (void)
{
    static int aStatic =0;
    aStatic++;
}

以下の例では、section 関数属性は、#pragma arm section 設定をオーバーライドします。

#pragma arm section code="foo"
  int f2()
  {
      return 1;
  }                                  // 'foo' エリアへ
  __attribute__((section ("bar"))) int f3()
  {
      return 1;
  }                                  // 'bar' エリアへ
  int f4()
  {
      return 1;
  }                                  // 'foo' エリアへ
#pragma arm section

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0491GJ
Non-ConfidentialID051612