--any_contingency

このオプションを使用すると、.ANY セクションを含んだ実行領域に、リンカによって生成されたコンテンツ(ベニア、境界整列パディングなど)用の特別なスペースが確保されます。ベニア用に、2% のスペースが予約されます。

パディングによって領域がオーバーフローしそうになると、armlink が、.ANY セレクタの優先順位を引き下げます。

このオプションは、デフォルトでは無効になっています。つまり、armlink はパディングを計算しようとはせず、.ANY の優先順位を厳守します。

このオプションは --scatter オプションと一緒に使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711