--max_veneer_passess=value

このオプションは、以下の条件が両方とも満たされている場合にリンカが作成を試みるベニア生成パスの数を制限します。

指定したベニア生成パスの最大数を超過した場合、リンカはエラーの診断を試み、警告メッセージを表示します。--diag_remark を使用すると、この警告メッセージを降格できます。

Show/hide構文

--max_veneer_passes=value

value は、リンカが作成を試みるベニアパスの最大数です。指定できる最大値は 1 つです。

Show/hideデフォルト

パスのデフォルトの数は 10 です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711