--map--no_map

このオプションは、メモリマップの出力を有効または無効にします。

このマップには、各ロード領域、実行領域、およびイメージの入力セクション(リンカによって生成された入力セクションを含む)のアドレスとイズが含まれます。これは、--list=file を使用してテキストファイルに出力できます。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --no_map です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711