--match=crossmangled

このオプションは、以下の組み合わせを一緒にマッチングするようにリンカに指示します。

ライブラリとマッチングの組み合わせは以下のように処理されます。

Note

このオプションを部分的なリンクに使用しても機能しません。部分的にリンクされたオブジェクトには、符号化された定義が存在する場合でも、号化されていないシンボルへの未解決の参照がすべて保持されます。マッチングは、リンクの最終手順でのみ行われます。

Show/hide関連項目

リファレンス
Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711