--cgundefined=type

このオプションは、コールグラフに含める未定義の参照を制御します。

Show/hide構文

--cgundefined=type

type は次のいずれかになります。

all

関数エントリと未定義の weak 型の参照への呼び出しの両方を含みます。

entries

未定義の weak 型の参照に対する関数エントリを含みます。

calls

未定義の weak 型の参照への呼び出しを含みます。

none

出力のすべての未定義の weak 型の参照を省略します。

Show/hideデフォルト

デフォルトは --cgundefined=all です。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711