--symdefs=file

このオプションは、出力イメージからグローバルシンボル定義を含むファイルを作成します。

Show/hide構文

--symdefs=file

file は、グローバルシンボル定義を含めるテキストファイルの名前です。

Show/hideデフォルト

デフォルトでは、すべてのグローバルシンボルが symdefs ファイルに書き込まれます。file という symdefs ファイルが既に存在する場合、リンカはこのファイルに記述されているシンボルの出力を制限します。

Note

この処理が必要ない場合は、リンク手順の前にすべての既存の symdefs ファイルを削除して下さい。

Show/hide使用法

file にパス情報が指定されていない場合、リンカは出力イメージが書き込まれるディレクトリ内でファイルを検索します。ファイルが検出されない場合は、そのディレクトリ内に作成されます。

シンボル定義ファイルは、他のイメージをリンクするときの入力として使用できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711