--unresolved=symbol

このオプションは、未定義のシンボルへの参照を、指定したシンボルのグローバル定義と照合します。

Show/hide構文

--unresolved=symbol

symbol は定義済みかつグローバルでなければなりません。それ以外のシンボルは未定義シンボルとして一覧されリンク手順が失敗します。

Show/hide使用法

このオプションを使用すると、見つからない関数への各参照とダミー関数とのマッチングを行うことによって、部分的に実装されたシステムをテトできるため、トップダウン方式の開発に特に役立ちます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711