--workdir=directory

このオプションを使用すると、プロジェクトテンプレートに作業ディレクトリを提供するかどうかを指定できます。

Note

プロジェクトテンプレートに作業ディレクトリが必要となるのは、作業ディレクトリに他の設定ファイルが含まれている場合のみです。

Note

このオプションの使用は廃止される予定です。

Show/hide構文

--workdir=directory

directory はプロジェクトディレクトリの名前です。

Show/hide使用法

ARM コンパイラツールチェーンを他の ARM 製品と一緒に入手した場合は、環境変数を設定して、デフォルトとして使用するプロジェクト作業ディレクトリを指定できます。--workdir はこの環境変数をオーバーライドします。

詳細については、ARM 製品の『スタートガイド』ドキュメントをリファレンスして下さい。

Show/hide制限

--workdir を使用してプロジェクト作業ディレクトリを指定する場合、--project を使用してプロジェクトファイルを指定する必要があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711