ロード領域記述の構文

バッカスナウア記法(BNF)によるロード領域の記述の構文は、次のとおりです。

load_region_description ::=
  load_region_name  (base_address  | ("+" offset)) [attribute_list] [max_size]
       "{"
          execution_region_description+
       "}"	

各項目には以下の意味があります。

load_region_name

ロード領域の名前。

base_address

領域内のオブジェクトがリンクされるアドレスを指定します。base_address は、ロード領域の整列制約を満たしている必要があります。

+offset

前のロード領域の終わりから offset バイト離れたベースアドレスを指定します。offset には 4 で割った余りが 0 になる値を指定する必要があります。これが最初のロード領域の場合、+offset はベースアドレスがゼロから offset バイトで開始するという意味です。

+offset を使用した場合、ロード領域は前のロード領域から特定の属性を継承することがあります。

attribute_list

ロード領域の内容の特性を指定する属性です。

max_size

ロード領域の最大サイズを指定します。これは、展開やゼロ初期化が発生する前のロード領域のサイズです。オプションとして max_size の値が指定されている場合、その領域に max_size バイトを超えるサイズが割り当てられていると、armlink によってエラーが生成されます。

execution_region_description

実行領域の名前、アドレス、および内容を指定します。

Note

バッカスナウア記法(BNF)の定義では、読みやすくするために改行とスペースが挿入されています。スキャッタロードの定義に改行やスペースを挿入する必要はなくファイル内に存在している場合は無視されます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711