RENAME

RENAME コマンドによって、定義済みあるいは未定義のグローバルシンボルの名前を変更できます。

Show/hide構文

RENAME pattern AS replacement_pattern [ ,pattern AS replacement_pattern]

各パラメータには以下の意味があります。

pattern

0 個以上のグローバルシンボルと一致するワイルドカード文字(* または ?)をオプションで含めることができる文字列です。pattern がどのグローバルシンボルとも一致しない場合、そのコマンドは無視されます。オペランドは、定義済みと未定義のグローバルシンボルのどちらともマッチングを行うことができます。

replacement_pattern

ワイルドカード文字(* または ?)をオプションで含めることができる文字列です。グローバルシンボルの名前は、ここで指定した名前に変更されます。ワイルドカード文字は pattern 内のワイルドカード文字と対応している必要があります。pattern のワイルドカード文字に一致する文字が、replacement_pattern 内のワイルドカード文字に置き換わります。

例えば、シンボルの名前が func1 の場合、

RENAME f* AS my_f*

func1my_func1 に変更されます。

Show/hide使用法

ターゲットのシンボル名自体が変更されている場合でも、シンボルの名前を既存のグローバルシンボルの名前に変更することはできません。

シンボルの名前を別のシンボルと同じ名前に変更することはできません。例えば、以下の指定は行えません。

RENAME foo1 bar
RENAME foo2 bar

名前の変更は、リンク手順が完了してはじめて有効になります。したがって、シンボルの名前を変更しても元の名前が削除されることはありません。つまり、以下の指定は行えません。

RENAME func1 func2
RENAME func2 func3

既に func2 という名前のシンボルが存在しているため、func1 を func2 に変更できないというエラーが生成されます。

RENAME では、ワイルドカード文字(* または ?)は 1 文字しか使用できません。

Show/hide

シンボル func1func2、および func3 を含むイメージがある場合、次のコマンドを含むステアリングファイルを使用できます。

;無効。func2 は既に存在している EXPORT func1 AS func2

; 有効な RENAME func3 AS b2
;無効。リンク手順が完了していないため、func3 はまだ存在している  EXPORT func1 AS func3

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493EJ
Non-ConfidentialID081711