SizeOfHeaders() 関数

ELF ヘッダのサイズとプログラムヘッダテーブルの推定サイズを返します。 この関数は、デマンドページングイメージを記述し、ELF ヘッダおよびログラムヘッダテーブルの直後にコードとデータを開始する場合に役立ちます。

Show/hide

この例では、ELF ヘッダおよびプログラムヘッダの直後に開始するように LR1 のベースを設定しています。

LR1 SizeOfHeaders(){    ...}

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493GJ
Non-ConfidentialID051612