--dll

このオプションを使用すると、ベースプラットフォームアプリケーションバイナリインタフェース(BPABI)のダイナミックリンクライブラリ(DLL)を作成できます。 DLL は ELF ファイルヘッダの共有オブジェクトとしてマークされます。

Show/hide使用法

BPABI 準拠の DLL を生成するには、--bpabi--dll と一緒に使用する必要があります。

--dll--base_platform を一緒に使用することもできます。

Note

このオプションを使用すると、デフォルトでは未使用セクションの削除が無効になります。 ダイナミックリンクライブラリ(DLL)をビルドするときに未使用セクションの削除を再度有効にするには、--remove オプションを使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493GJ
Non-ConfidentialID051612