--bpabi

このオプションは、ベースプラットフォームアプリケーションバイナリインタフェース(BPABI)ELF ファイルを作成し、プラットフォーム固有のポストリンカに渡します。

BPABI モデルには、ツールチェーン間で BPABI 準拠ファイルの相互運用を実現する標準メモリモデルが定義されています。 このオプションを使用すと、次のようになります。

Show/hide制限

BPAPI モデルでは、スキャッタロードはサポートされていません。 一方、ベースプラットフォームモデルではサポートされています。

ダイナミックシンボルテーブルに weak 型の参照を追加できるのは、そのシンボルテーブルがコマンドラインで配置された DLL で定義されている場だけです。 IMPORT ステアリングファイルコマンドを使用してダイナミックシンボルテーブルに weak 型の未解決参照を追加することはできません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493GJ
Non-ConfidentialID051612