--verbose

このオプションは、含まれるオブジェクトや取得元のライブラリなど、リンク操作についての詳細情報を印刷します。 この出力は、未定義のシンボル参照や複数定義シンボルのトレースに特に便利です。 通常この出力は非常に長いため、このコマンドを --list=filename コマンドと一緒に使用して、情報を filename に転送することを推奨します。

診断を stdout に出力するには、--verbose を使用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0493GJ
Non-ConfidentialID051612