64 ビットのリンカへの変更

インストールは、64 ビットのオペレーティングシステムを使用している場合でも、デフォルトで armlink の標準 32 ビット版を使用するように設定されます。 64 ビット版の armlink は、このリリース内の別の実行ファイルディレクトリにあります。 64 ビット版では、64 ビットオペレーティングシステムのプロセスがより大容のメモリにアクセスできます。 64 ビット版は、このリリースの armlink でサポートされているすべての機能をサポートします。 64 ビットコンピュータに ARM コンパイラツールチェーンをインストールした場合は、64 ビット版を使用できます。

Note

64 ビット版の実行可能ファイルのディレクトリ内の armlink は 64 ビット版ですが、他のツールはすべて 32 ビット版です。 これは、ツール間の呼び出し規則により、すべてのツールが同じディレクトリに配置されている必要があるためです。 ツールは、次のように特定の条件下で互いを呼び出します。

  • armcc が、実行可能ファイルを生成するために armlink を呼び出します。

  • armlink が、リンク時コード生成のために armcc を呼び出します(--ltcg)。

これにより、必要に応じて armlink の 64 ビット版が使用されます。

armlink の64 ビット版を使用するように ARM コンパイラツールチェーンを設定するには、64 ビット版の実行可能ファイルのディレクトリのパスを PATH 環境変数に追加します。 例えば、Windows では、次のように設定します。

SET PATH=install_directory\bin64;%PATH%

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0529GJ
Non-ConfidentialID051612