3.1 ARM コンパイラ v5.02 と v5.03 の間でのコンパイラの変更点

ARM コンパイラツールチェーン v5.03 ではさまざまな変更が armcc に加えられました。

ARM コンパイラツールチェーン v5.03 ではコンパイラに以下の変更が加えられました。

  • armcc メッセージ番号 3001 ~ 4001 が修正されました。したがって、診断メッセージを非表示にする場合、メッセージ番号の変更が必要となることがあります。

関連情報
ツールチェーンの環境変数
--version_number アセンブラオプション
--version_number コンパイラオプション
--version_number リンカオプション
--version_number fromelf オプション
--version_number armar オプション
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0530JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.