5.1 4.1 ARM コンパイラ v4.1 パッチ 3 以降と v5.0 の間での全般的な変更点

ARM コンパイラツールチェーン v5.0 ではさまざまな一般的な変更が加えられました。

ARM コンパイラツールチェーン v5.0 ではコンパイラに以下の変更が加えられました。

  • このツールでは、環境変数の設定はまったく必要でなくなりました。

  • デフォルトヘッダやライブラリディレクトリを検出するための追加の命名規則が v5.0 ツールに追加されました。環境変数または関連するコマンドラインオプションがない場合は、以下のようになります。

    • コンパイラは、../include 内を検索します。

    • リンカは、../lib 内を検索します。

    これらの場所は、DS-5 bin ディレクトリからインクルードディレクトリおよびライブラリディレクトリへの相対パスと一致します。

関連情報
ツールチェーンの環境変数
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0530JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.