8.2 RVCT v4.0 と ARM コンパイラ v4.1 の間でのコンパイラの変更点

ARM コンパイラツールチェーン v4.1 ではさまざまな変更が armcc に加えられました。

列挙子の符号の規則が慣例に合わせて変更されました。列挙子コンテナは、負の定数が定義されていない限り、符号なしになりました。RVCT v4.0 10Q1 パッチは、この変更を GCC モードのみにします。

-O3 は、--multifile を意味しなくなりました。オプション、 --multifile オプションは、これまでも個別のオプションとして使用可能でした。これをビルドに含めることを推奨します。

関連する参考文書
8.1 RVCT v4.0 と ARM コンパイラ v4.1 の間での全般的な変更点
関連情報
--multifile, --no_multifile コンパイラオプション
-Onum コンパイラオプション
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0530JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.