10.2 RVCT v3.0 と RVCT v3.1 の間でのアセンブラの変更点

RVCT v3.1 ではさまざまな変更が armasm に加えられました。

逆アセンブリの出力が、新しい統一アセンブリ言語(UAL)形式に準拠するようになりました。VFP ニーモニックが変更され、FMULSVMUL.F32 になりました。

関連する参考文書
10.1 RVCT v3.0 と RVCT v3.1 の間での全般的な変更点
関連情報
統一アセンブラ言語
RVCTv2.1 以降のアセンブリ言語に関する変更点
VFP ディレクティブとベクタ表記
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0530JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.