ADDS(シフトレジスタ)

加算(シフトレジスタ)、条件フラグを設定。

この命令は、エイリアス CMN(シフトレジスタ)で使用します。

Show/hide構文

ADDS  Wd, Wn, Wm{, shift #amount}    ; 32 ビット汎用レジスタ
ADDS  Xd, Xn, Xm{, shift #amount}    ; 64 ビット汎用レジスタ

各パラメータには以下の意味があります。

Wd

汎用デスティネーションレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Wn

最初の汎用ソースレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Wm

2 つ目の汎用ソースレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

amount

値は以下の命令バリアントによって異なります。

32 ビット汎用レジスタ。

シフト量を 0 ~ 31 の範囲で指定します。デフォルトで 0 になります。

64 ビット汎用レジスタ。

シフト量を 0 ~ 63 の範囲で指定します。デフォルトで 0 になります。

Xd

汎用デスティネーションレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Xn

最初の汎用ソースレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Xm

2 つ目の汎用ソースレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

shift

2 つ目のソースオペランドに適用するオプションのシフト演算の種類を指定します。デフォルトで LSL になり、LSLLSR または ASR のいずれかに指定できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814