BFM

ビットフィールド移動、他のビットは変更なし。

この命令は、以下のエイリアスで使用します。

Show/hide構文

BFM  Wd, Wn, #immr, #imms    ; 32 ビット汎用レジスタ
BFM  Xd, Xn, #immr, #imms    ; 64 ビット汎用レジスタ

各パラメータには以下の意味があります。

Wd

汎用デスティネーションレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Wn

汎用ソースレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

immr

値は以下の命令バリアントによって異なります。

32 ビット汎用レジスタ。

右ロテート量を 0 ~ 31 の範囲で指定します。

64 ビット汎用レジスタ。

右ロテート量を 0 ~ 63 の範囲で指定します。

imms

値は以下の命令バリアントによって異なります。

32 ビット汎用レジスタ。

ソースから移動させる一番左のビット番号を 0 から 31 の範囲で指定します。

64 ビット汎用レジスタ。

ソースから移動させる一番左のビット番号を 0 から 63 の範囲で指定します。

Xd

汎用デスティネーションレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Xn

汎用ソースレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814