DCD、DCDU

DCD ディレクティブは、ワード単位でメモリを割り当てて 4 バイト境界で整列させ、実行時のメモリの初期内容を定義します。

&DCD と同じ意味です。

メモリのアラインメントが任意である点を除き、DCDU も同じです。

Show/hide構文

{label} DCD{U} expr{,expr}

各項目には以下の意味があります。

expr

以下のいずれかを指定します。

  • 数値式。

  • PC 相対式。

Show/hide使用法

DCD は、必要に応じて、最初に定義されたワードの前に最大 3 バイトのパディングを挿入して、アラインメントを 4 バイトにします。

アラインメントが不要な場合は、DCDU を使用して下さい。

Show/hide

data1   DCD     1,5,20      ; 10 進数値の 1、5、および 20 を
                            ; 保持する 3 ワードを定義する
data2   DCD     mem06 + 4   ; ラベル mem06 のアドレス + 4 を
                            ; 保持する 1 ワードを定義する
        AREA    MyData, DATA, READWRITE
        DCB     255         ; アラインメントが不適切
data3   DCDU    1,5,20      ; 1、5、および 20 を保持する 3 ワードを定義する
                            ; ただし、ワード境界で整列されない

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814