VADD、VSUB、VDIV

浮動小数点加算、減算、および除算

Show/hide構文

Vop{cond}.F32 {Sd}, Sn, Sm
Vop{cond}.F64 {Dd}, Dn, Dm

各項目には以下の意味があります。

op

ADDSUB、または DIV のいずれかを指定します。

cond

任意の条件コードを指定します。

Sd, Sn, Sm

結果とオペランドを保持する単精度レジスタです。

Dd, Dn, Dm

結果とオペランドを保持する倍精度レジスタです。

Show/hide使用法

VADD 命令は、オペランドレジスタの値を加算して、その結果をデスティネーションレジスタに返します。

VSUB 命令は、第 2 オペランドレジスタの値を第 1 オペランドレジスタの値から減算し、その結果をデスティネーションレジスタに返します。

VDIV 命令は、第 1 オペランドレジスタの値を第 2 オペランドレジスタの値で除算し、その結果をデスティネーションレジスタに返します。

Show/hide浮動小数点の例外

VADD 命令と VSUB 命令は、無効演算例外、オーバーフロー例外、または不正確例外を生成する場合があります。

VDIV 演算は、ゼロ除算例外、無効演算例外、オーバーフロー例外、アンダーフロー例外、または不正確例外を生成する場合があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814