ATTR

ATTR セットディレクティブは、ABI ビルド属性の値を設定します。

ATTR スコープディレクティブは、設定値の適用先の有効範囲を指定します。

Show/hide構文

ATTR FILESCOPE
ATTR SCOPE name
ATTR settype tagid, value

各項目には以下の意味があります。

name

セクション名またはシンボル名を指定します。

settype

次のいずれかを指定できます。

  • SETVALUE

  • SETSTRING

  • SETCOMPATIBLEWITHVALUE

  • SETCOMPATIBLEWITHSTRING。

tagid

属性タグ名(またはその数値)を指定します。これは、ARM アーキテクチャの ABI で定義されます。

value

settype に依存します。

  • 32 ビット整数値(settypeSETVALUE または SETCOMPATIBLEWITHVALUE の場合)。

  • NULL 終端文字列(settypeSETSTRING または SETCOMPATIBLEWITHSTRING の場合)。

Show/hide使用法

ATTR FILESCOPE ディレクティブに続く ATTR 設定ディレクティブは、オブジェクトファイル全体に適用されます。ATTR SCOPE name ディレクティブに続く ATTR セットディレクティブは、名前付きセクションまたはシンボルだけに適用されます。

整数が必要なタグの場合、SETVALUE または SETCOMPATIBLEWITHVALUE を使用する必要があります。文字列が来ることになっているタグの場合、SETSTRING または SETCOMPATIBLEWITHSTRING を使用する必要があります。

SETCOMPATIBLEWITHVALUESETCOMPATIBLEWITHSTRING を使用して、オブジェクトファイルも互換性を備えるタグ値を設定します。

Show/hide

        ATTR  SETSTRING Tag_CPU_raw_name, "Cortex-A8"
        ATTR  SETVALUE  Tag_VFP_arch, 3   ; VFPv3 命令は使用可能
        ATTR  SETVALUE  10, 3             ; 10 は
                                          ; Tag_VFP_arch の数値

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814