VMAXNM、VMINNM(浮動小数点)

VMAXNM はオペランドレジスタの値を比較し、より大きい値をデスティネーションオペランドレジスタにコピーします。

VMINNM はオペランドレジスタの値を比較し、より小さい値をデスティネーションオペランドレジスタにコピーします。

比較される値のいずれかが数値で、もう一方の値が NaN である場合、その数値はデスティネーションオペランドレジスタにコピーされます。これは、IEEE 754-2008 標準に整合しています。

Show/hide構文

Vop.F32 Sd, Sn, Sm
Vop.F64 Dd, Dn, Dm

各項目には以下の意味があります。

op

MAXNMMINNM のいずれかである必要があります。

Sd, Sn, Sm

単精度デスティネーションレジスタ、第 1 オペランドレジスタ、および第 2 オペランドレジスタです。

Dd, Dn, Dm

倍精度デスティネーションレジスタ、第 1 オペランドレジスタ、および第 2 オペランドレジスタです。

Show/hide注釈

IT ブロック内で VMAXNM または VMINNM を使用することはできません。

Show/hide浮動小数点の例外

命令は、入力非正規例外、無効演算例外、オーバーフロー例外、アンダーフロー例外、または不正確例外を生成する場合があります。

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814