VCVTB、VCVTT(半精度と倍精度の間)

半精度浮動小数点数と倍精度浮動小数点数を以下のいずれかの方法で相互変換します。

VCVTB はシングルワードレジスタの下位ビット(ビット [15:0])を使用して、半精度値の取得またはストアを行います。

VCVTT はシングルワードレジスタの上位ビット(ビット [31:16])を使用して、半精度値の取得またはストアを行います。

Show/hide構文

VCVTB{cond}.F64.F16 Dd, Sm
VCVTB{cond}.F16.F64 Sd, Dm
VCVTT{cond}.F64.F16 Dd, Sm
VCVTT{cond}.F16.F64 Sd, Dm

各項目には以下の意味があります。

cond

任意の条件コードを指定します。

Dd

結果を保持する倍精度レジスタです。

Sm

オペランドを保持するシングルワードレジスタです。

Sd

結果を保持するシングルワードレジスタです。

Dm

オペランドを保持する倍精度レジスタです。

Show/hide使用法

これらの命令は Sm の半精度値を倍精度に変換し、その結果を Dd に返すか、Dm の倍精度値を半精度に変換し、その結果を Sd に返します。

Show/hide浮動小数点の例外

命令は、入力非正規例外、無効演算例外、オーバーフロー例外、アンダーフロー例外、または不正確例外を生成する場合があります。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814