VRINT (Advanced SIMD)

VRINT(整数へのベクタ丸め)は、ベクタの各浮動小数点要素を整数に丸め、結果をデスティネーションベクタに返します。

生成された整数は浮動小数点形式で表されます。

Show/hide構文

VRINTmode.F32.F32 Qd, Qm
VRINTmode.F32.F32 Dd, Dm

各項目には以下の意味があります。

mode

以下のいずれかを指定します。

A

0 から遠い方への最近接値への丸め。結果が正確ではなくても、これで不正確例外が生成されることはありません。

N

最近接偶数への丸め。結果が正確ではなくても、これで不正確例外が生成されることはありません。

X

最近接偶数への丸め。結果が正確ではない場合、不正確例外が生成されます。

P

正の無限大方向への丸め。結果が正確ではなくても、これで不正確例外が生成されることはありません。

M

負の無限大方向への丸め。結果が正確ではなくても、これで不正確例外が生成されることはありません。

Z

ゼロ方向への丸め。結果が正確ではなくても、これで不正確例外が生成されることはありません。

Qd, Qm

クワッドワード演算で使用するデスティネーションベクタとオペランドベクタを指定します。

Dd, Dm

ダブルワード演算で使用するデスティネーションベクタとオペランドベクタを指定します。

Show/hide注釈

IT ブロック内で VRINT を使用することはできません。

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814