VMUL{L}、VMLA{L}、VMLS{L}

VMUL(ベクタ乗算)は、2 つのベクタのそれぞれ対応する要素を乗算し、その結果をデスティネーションベクタに返します。

VMLA(ベクタ積和)は、2 つのベクタのそれぞれ対応する要素を乗算し、その結果をデスティネーションベクタの要素に累積します。

VMLS(ベクタ積差)は、2 つのベクタのそれぞれ対応する要素を乗算し、その結果をデスティネーションベクタの対応する要素から減算して、最終的な結果をデスティネーションベクタに返します。

Show/hide構文

Vop{cond}.datatype {Qd}, Qn, Qm
Vop{cond}.datatype {Dd}, Dn, Dm
VopL{cond}.datatype Qd, Dn, Dm

各項目には以下の意味があります。

op

以下のいずれかを指定します。

MUL

乗算

MLA

積和

MLS

積差

cond

任意の条件コードを指定します。

datatype

以下のいずれかを指定します。

I8I16I32F32

VMULVMLA、または VMLS の場合

S8S16S32

VMULLVMLAL、または VMLSL の場合

U8U16U32

VMULLVMLAL、または VMLSL の場合

P8

VMUL または VMULL の場合

Qd, Qn, Qm

クワッドワード演算で使用するデスティネーションベクタ、第 1 オペランドベクタ、および第 2 オペランドベクタを指定します。

Dd, Dn, Dm

ダブルワード演算で使用するデスティネーションベクタ、第 1 オペランドベクタ、および第 2 オペランドベクタを指定します。

Qd, Dn, Dm

Long 演算で使用するデスティネーションベクタ、第 1 オペランドベクタ、および第 2 オペランドベクタを指定します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814