VMAXNM、VMINNM(Advanced SIMD)

VMAXNM(ベクタ最大値)は、2 つのベクタのそれぞれ対応する要素を比較し、各ペアの大きい方の要素をデスティネーションベクタの対応する要素にコピーします。

VMINNM(ベクタ最小値)は、2 つのベクタのそれぞれ対応する要素を比較し、各ペアの小さい方の要素をデスティネーションベクタの対応する要素にコピーします。

ペアの要素のいずれかが数値であり、もう一方の要素が NaN である場合、対応する結果要素は数値になります。これは、IEEE 754-2008 標準に整合しています。

Show/hide構文

Vop.F32 Qd, Qn, Qm
Vop.F32 Dd, Dn, Dm

各項目には以下の意味があります。

op

MAXNMMINNM のいずれかである必要があります。

Qd, Qn, Qm

クワッドワード演算で使用するデスティネーションベクタ、第 1 オペランドベクタ、および第 2 オペランドベクタを指定します。

Dd, Dn, Dm

ダブルワード演算で使用するデスティネーションベクタ、第 1 オペランドベクタ、および第 2 オペランドベクタを指定します。

Show/hide注釈

IT ブロック内で VMAXNM または VMINNM を使用することはできません。

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814