VCVT(指定された丸めモードを使用した浮動小数点から整数への変換)

VCVT(ベクタ変換)は、浮動小数点から符号付きまたは符号なし整数からベクタの各要素を以下のいずれかの方法で変換し、結果をデスティネーションベクタに返します。

Show/hide構文

VCVTmode.type Qd, Qm
VCVTmode.type Dd, Dm

各項目には以下の意味があります。

mode

以下のいずれかを指定します。

A

0 から遠い方への最近接値への丸め

N

最近接偶数への丸め

P

正の無限大方向への丸め

M

負の無限大方向への丸め

type

ベクタの要素のデータ型を指定します。以下のいずれかになります。

S32.F32

浮動小数点から符号付き整数への変換

U32.F32

浮動小数点から符号なし整数への変換

Qd, Qm

クワッドワード演算で使用するデスティネーションベクタとオペランドベクタを指定します。

Dd, Dm

ダブルワード演算で使用するデスティネーションベクタとオペランドベクタを指定します。

Show/hide注釈

IT ブロック内で VCVT を指定された丸めモードで使用することはできません。

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814