VTST

VTST(ベクタテストビット)は、ベクタの各要素を取得し、2 番目のベクタの対応する要素を使用してビット単位論理積を求めます。結果がゼロでない場合は、デスティネーションベクタの対応する要素はすべて 1 に設定されます。それ以外の場合は、すべて 0 に設定されます。

Show/hide構文

VTST{cond}.size {Qd}, Qn, Qm
VTST{cond}.size {Dd}, Dn, Dm

各項目には以下の意味があります。

cond

任意の条件コードを指定します。

size

816、または 32 のいずれかを指定します。

Qd, Qn, Qm

クワッドワード演算で使用するデスティネーションレジスタ、第 1 オペランドレジスタ、第 2 オペランドレジスタを指定します。

Dd, Dn, Dm

ダブルワード演算で使用するデスティネーションレジスタ、第 1 オペランドレジスタ、第 2 オペランドレジスタを指定します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814