WHILE、WEND

WHILE ディレクティブは、繰り返しアセンブルされる命令やディレクティブのシーケンスを開始します。このシーケンスは WEND ディレクティブで終了します。

Show/hide構文

WHILE logical-expression
code
WEND

各項目には以下の意味があります。

logical-expression

{TRUE} または {FALSE} を求める式を指定します。

Show/hide使用法

命令のシーケンスを複数回アセンブルするには、WHILE ディレクティブを WEND ディレクティブと組み合わせて使用します。反復回数はゼロにすることもできます。

IF...ENDIF 条件は WHILE...WEND ループ内で使用できます。

WHILE...WEND ループはネストできます。

Show/hide

        GBLA count                  ; ローカル変数を宣言
count   SETA    1                   ; もっと複雑な条件も
        WHILE   count <= 4          ; 指定可能
count   SETA    count+1             ; この場合、
            ; code                  ; このコードは
            ; コード                 ; 4 回繰り返される
        WEND

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814