TTL、SUBT

TTL ディレクティブは、リスティングファイルの各ページの先頭にタイトルを挿入します。このタイトルは、新しい TTL ディレクティブが発行されるまで各ページに出力されます。

SUBT ディレクティブは、リスティングファイルのページにサブタイトルを挿入します。このサブタイトルは、新しい SUBT ディレクティブが発行されるまで各ページに出力されます。

Show/hide構文

TTL title
SUBT subtitle

各項目には以下の意味があります。

title

タイトルを指定します。

subtitle

サブタイトルを指定します。

Show/hide使用法

TTL ディレクティブを使用して、リスティングファイルの各ページの最上部にタイトルを挿入します。最初のページにタイトルを出力する場合は、ソースファイルの 1 行目に TTL ディレクティブを配置する必要があります。

タイトルを変更するには、別の TTL ディレクティブを使用します。新しい TTL ディレクティブの設定内容は、次のページから反映されます。

SUBT ディレクティブを使用して、リスティングファイルのページの最上部にサブタイトルを挿入します。サブタイトルは、タイトルの次の行に出力されます。最初のページにサブタイトルを出力する場合は、ソースファイルの 1 行目に SUBT ディレクティブを配置する必要があります。

サブタイトルを変更するには、別の SUBT ディレクティブを使用します。新しい SUBT ディレクティブの設定内容は、次のページから反映されます。

Show/hide

        TTL     First Title     ; タイトルを
                                ; リスティングファイルの
                                ; 1 ページ目と後続のページに挿入する
        SUBT    First Subtitle  ; サブタイトルを
                                ; リスティングファイルの
                                ; 2 ページ目と後続のページに挿入する
Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814