KEEP

KEEP ディレクティブは、ELF オブジェクトファイル内のシンボルテーブルに、名前が付けられているローカルラベルを保持しておくようアセンブラに指示します。

Show/hide構文

KEEP {label}

各項目には以下の意味があります。

label

保持するローカルラベルの名前を指定します。labelが指定されていない場合は、レジスタ相対ラベルを除くすべての名前付きローカルラベルが保持されます。

Show/hide使用法

デフォルトでは、アセンブラによって出力されるオブジェクトファイル内に記述されるラベルは以下のラベルのみです。

  • エクスポートされたラベル。

  • 再配置されるラベル。

KEEP を使用してローカルラベルを保持します。これはデバッグ時に役立ちます。保持されたラベルは、ARM デバッガおよびリンカマップファイルに出力されます。

KEEP でレジスタ相対ラベルや数値ローカルラベルを保持することはできません。

Show/hide

label   ADC     r2,r3,r4
        KEEP    label       ; ラベルをデバッガで使用できるようにする
        ADD     r2,r2,r5

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814