EXPORTAS

EXPORTAS ディレクティブを使用すると、ソースファイル内の別のシンボルに対応するシンボルをオブジェクトファイルにエクスポートできます。

Show/hide構文

EXPORTAS symbol1, symbol2

各項目には以下の意味があります。

symbol1

ソースファイル内のシンボルの名前を指定します。symbol1 は事前に定義されている必要があります。この名前には、エリア名、ラベル、または定数を含むシンボルを指定できます。

symbol2

オブジェクトファイルで使用するシンボルの名前を指定します。

シンボル名では大文字と小文字が区別されます。

Show/hide使用法

EXPORTAS を使用すると、ソースファイル内の各インスタンスを変更することなく、オブジェクトファイル内のシンボルを変更することができます。

Show/hide

    AREA data1, DATA       ; 新しい領域 data1 を開始する
    AREA data2, DATA       ; 新しい領域 data2 を開始する
    EXPORTAS data2, data1  ; data2 というセクションシンボルは、
                           ; オブジェクトファイルのストリングテーブルに data1 として表示される
one EQU  2
    EXPORTAS one, two
    EXPORT one             ; シンボル "two" は、
                           ; オブジェクトファイルのシンボルテーブルに値 2 のシンボルとして表示される

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814