MOVT

上位にデータを代入する命令です。レジスタの下位ハーフワードに影響を及ぼさずに、上位ハーフワードに 16 ビットのイミディエート値を書き込みます。

Show/hide構文

MOVT{cond} Rd, #imm16

各項目には以下の意味があります。

cond

任意の条件コードを指定します。

Rd

デスティネーションレジスタを指定します。

imm16

16 ビットのイミディエート値を指定します。

Show/hide使用法

MOVT は、imm16Rd [31:16] に書き込みます。この書き込みが Rd [15:0] に影響することはありません。

MOVMOVT の命令対で、任意の 32 ビットイミディエート値を生成できます。この命令対を効率的に生成するために、アセンブラは MOV32 疑似命令を実装します。

Show/hideレジスタの制約条件

A32 または T32 命令では PC は使用できません。

Rd での SP は A32 命令で使用できますが、これは非推奨です。

T32 命令では SP は使用できません。

Show/hide条件フラグ

この命令によるフラグへの影響はありません。

Show/hide可用性

この 32 ビット命令は、A32 および T32 で使用できます。

T32 にはこの命令の 16 ビットバージョンはありません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814