MOVI(ベクタ)

イミディエートの移動。

Show/hide構文

MOVI  Vd.T, #imm8{, LSL #0}         ; 8 ビット
MOVI  Vd.T, #imm8{, LSL #amount}    ; 16 ビットシフトイミディエート値
MOVI  Vd.T, #imm8{, LSL #amount}    ; 32 ビットシフトイミディエート値
MOVI  Vd.T, #imm8, MSL #amount      ; 32 ビット、1 をシフト
MOVI  Dd, #imm                      ; 64 ビットスカラ
MOVI  Vd.2D, #imm                   ; 64 ビットベクタ

各パラメータには以下の意味があります。

Vd

SIMD および FP デスティネーションレジスタ名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

T

配置指定子を指定します。

8 ビット

8B または 16B 値を指定できます。

16 ビットシフトイミディエート値

4H または 8H 値を指定できます。

32 ビットシフトイミディエート値

2S または 4S 値を指定できます。

32 ビット、1 をシフト

2S または 4S を指定できます。

imm8

8 ビットイミディエート値を指定します。

amount

シフト量を指定します。

16 ビットシフトイミディエート値

0 または 8 を指定できます。

32 ビットシフトイミディエート値

081624 のいずれかを指定できます。

32 ビット、1 をシフト

8 または 16 値を指定できます。

LSL を省略すると、デフォルトでゼロになります。

Dd

SIMD および FP デスティネーションレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

imm

64 ビットのイミディエート値を指定します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814