ORN(シフトレジスタ)

ビット単位両立的否定論理和(シフトレジスタ)。

この命令は、エイリアス MVN で使用します。

Show/hide構文

ORN  Wd, Wn, Wm{, shift #amount}    ; 32 ビット汎用レジスタ
ORN  Xd, Xn, Xm{, shift #amount}    ; 64 ビット汎用レジスタ

各パラメータには以下の意味があります。

Wd

汎用デスティネーションレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Wn

最初の汎用ソースレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Wm

2 つ目の汎用ソースレジスタ(32 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

amount

値は以下の命令バリアントによって異なります。

32 ビット汎用レジスタ。

シフト量を 0 ~ 31 の範囲で指定します。デフォルトで 0 になります。

64 ビット汎用レジスタ。

シフト量を 0 ~ 63 の範囲で指定します。デフォルトで 0 になります。

Xd

汎用デスティネーションレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Xn

最初の汎用ソースレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

Xm

2 つ目の汎用ソースレジスタ(64 ビット)名を 0 ~ 31 の範囲内で指定します。

shift

最後のソースに適用するオプションのシフト演算を指定します。デフォルトで LSL になり、LSLLSRASR、または ROR のいずれかに指定できます。

Show/hide関連項目

Copyright © 2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0802AJ
Non-ConfidentialID061814